卒業制作合評会 2016

展覧会の準備などで4泊5日で関西方面にいってまいりました
まずは母校ビジュアルアーツ大阪で後輩達の卒業制作の合評会にゲスト参加学生達も講評する先生方も真剣そのもの。7時間にも及ぶ長丁場の合評会でしたが疲れるというよりむしろ元気になったジャンルに隔たりなく熱意あふれる良作には鑑賞者を元気にする力があるのです

sotsusei_osaka2016_01

恩師 百々俊二先生

sotsusei_osaka2016_02

現写真学科長 百々武先生

sotsusei_osaka2016_03

写真家/写真研究家/宝塚大学造形芸術学部教授 吉川直哉先生

sotsusei_osaka2016_04

出番待ちの作品と学生さんたち

sotsusei_osaka2016_05

稀代のストリートスナッパー 阿部淳先生

sotsusei_osaka2016_06

意外と(?)真面目 赤鹿麻耶先生

sotsusei_osaka2016_07

姉妹校の名古屋ビジュアルアーツからも多くの参加者がありました

sotsusei_osaka2016_08

今年度の最優秀賞台湾からの留学生の林軒朗くんの作品

学生達の二年間の成果卒業制作展は富士フィルムフォトサロンとビジュアルアーツギャラリー大阪の二会場にて開催中です(〜11日までの開催)
還、卒業制作選抜展が2月25日〜3月2日の会期で大阪ニコンサロン、3月3日〜3月30日の会期でビジュアルアーツギャラリー大阪にてそれぞれ開催されるそうですご高覧ください

詳しくはこちらをどうぞ。» VAO写真学科ブログ

發表評論

您的電子郵件地址不會被公開.