web写真家

先日目覚めると、首が痛くて回らない。激しく寝違えたようだ。
動かそうとすると首筋から左肩にかけて激痛がはしる。
相方のブログにも、同日に首を痛めたという記事があったが、その関連性はいかに?

仕方なしというか何というか、PCに向かってあれこれ作業する。
以前使用していたウェブプラウザ(IE)では、ブックマークしているページが更新されると通知してくれる機能があったのだが、
現在使用しているSafariではその機能はないようだ。
特に不便ということではなかったのだが、「はてなアンテナ」というページの存在を知り登録してみることに。

このページには、先述の更新通知のほかにも様々な機能があるようだ。ついでにあちこち覗いてみる。

そこで、ウェブ上での作品発表を主な活動にしている写真家?の存在を知り、その数の多さに驚く。
出かけるまで時間があったので、それらのページを一つずつ覗いてみた。

んー。確かに便利で自由なツールなんだろうが
「そこにデジカメとインターネットがあったから写真発表しています。」的なページが多くて正直うんざりした。
写真を撮り、発表することに対する「覚悟」の希薄さを感じた。
毎日写真を更新している人なんかもいるみたいだが、次に見るのは一年後でもいい感じ。
だんだんと、クリックするのが苦痛になってきた。

カチッ、カチッ、カッ・・・チ。

さあ、もう時間だ。
顔を突き合わせての会話を求めてWSへゴー!

8 thoughts on “web写真家

  • SECRET: 0
    PASS:
    >発表することに対する「覚悟」の希薄さを感じた。

    ご自分が非常に希薄なのではないか?

    さらに傲慢極まりない。

    過去の経歴が泣くよ。

  • SECRET: 0
    PASS:
    「そこにブログがあったから失言発表しています。」的?正直うんざり。

  • SECRET: 0
    PASS:
    xzadoさん、sanさんコメントありがとうございます。ブログに対する認識の甘さを痛感しております。アクセス数も微小なブログ故、友人との会話の延長で記事投稿していました。ご気分を害された事に対し謝罪いたします。

  • SECRET: 0
    PASS:
    そういう事言いたくなる気持ちはよく分かりますよ。確かに多いわ。
    皆さんの反論の中には、正直痛いところ突かれた故の過剰反応もあるでしょうよ。

  • SECRET: 0
    PASS:
    一度ご挨拶させて頂いた事はひっそりありますが、ウェブで初めまして。私は、正直で良いのではと思いました、みんながひっそり思っている事で、私自身がいつも「そうならないページでありたいしどう変えてゆけば今考え中」だったので、真摯に受け止め反省したりしました。写真を撮るヒトは、みんなある意味傲慢だとも思っておりますので、みなさんの過剰反応が何を物語るのだろうか、と、思いました。
    私はロータスが良き場であると感じますし、それだけのクオリティを提供しているという自負をお持ちでもあると思います、写真家こそが言葉と思想をもって語る事が大事と思うので、これからも普通になさっていて頂きたいと思う次第であります。ではでは

  • SECRET: 0
    PASS:
    あれ、時を同じくして同じ事を考えておられる方が。すいません書き込みを拝見してから書いたのではないのです σ(^_^;

  • SECRET: 0
    PASS:
    内心どう思ってもいいと思うが、書いて良いこと悪いことの判断が甘い。

    >写真家こそが言葉と思想をもって語る事が大事と思う

    それ以前の問題だと思う。ブログ主はあまりに稚拙すぎ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。