ちょっといいことあった日は

久々の更新になります。

更新サボっている間も僕は、人と出会い、酒を飲みながら仲間と語らい、自転車に乗り撮影にでかけ、風邪をひき、
学生の写真を批評したり、先輩写真家に批評されたり、電車内で少女と微笑みを交わしあったり、
いつも通りの日々を過ごしていました。

結局のところ、僕にとってインターネットにおけるコミュニケーションとはなんだったのか?
人生における”オマケ”に過ぎないものだったのか?
答えはまだまだ霧の中だし、拭いきれない不信もあるが、少しの期待も持っている。

これからもちょっといいことあった日や、些細な疑問を感じたとき、宣伝したい情報があるときなんかには、
この日記に書き込んでいきたいと思います。

励ましのメールやコメントしてくれた人、ありがとうございました。
客観的かつ論理的な批評してくれた人、ありがとうございました。
匿名で意味不明な中傷メールくれた人、さようなら。

4 thoughts on “ちょっといいことあった日は

  • SECRET: 0
    PASS:
    インドで大半のフィルムを失ったとのことですが、何故ですか?
    ちょっと気になったもので。
    また、雨季のインドはめちゃ暑いじゃないですか、そのような時フィルムの管理はどのようにしていたのですか?
    コメントいただけたら、うれしいです。

  • SECRET: 0
    PASS:
    wwwさま、コメントありがとうございます。
    フィルムの件ですが、バスでの移動中にリュックごと盗難されてしまったのです。自分の不注意ですが、2400カットを一気に無くしたのはあまりにもショックでした。しかし、その時の経験が後のチベットでの撮影に役立ちました。
    フィルムの管理は、X線防止袋とタッパウェアーとシリカゲルで完璧です。

  • SECRET: 0
    PASS:
    参考になりました。 ありがとうございました。

    暑さでフィルムがだめになるっていうことを聞いたもので・・・。

  • SECRET: 0
    PASS:
    以前よりariphotoさまの写真が大好きでした。「西蔵より肖像」も大好きで大切な写真集の一冊です。

    ariphotoさまの写真に対して真摯に取り組む姿勢には頭が下がる思いです。無機質なサイバースペース上ではありますが、いつも励まされています。WEBとは、闇に向かってボールを投げ続けるような行為ではありますが、遠く離れたところにもキャッチする人がいることも忘れないでください。今後にご活躍に期待しながら、私自身も先輩写真家たちのつめの垢を…と願わずにはいられません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。