変化の時期

たくさん写真展見ています。ここでは書ききれないが、沢渡朔さんの「Nadia with White」、マーティン・パーの「FASHION MAGAZINE」よかったねー。
本日は、尾仲浩二さんが近頃オープンされた「ギャラリー街道」へ行ってまいりました。阿佐ヶ谷の細い路地を通ると次第に期待が高まる。思春期の頃、僕が想像していた東京の景色はこんな感じだったな。古いアパートの鉄の階段をカンカンカンとのぼる。扉を開けると、よくエアコンの効いた快適な空間。尾仲さんによる世界の中、尾仲さんの写真があった。
僕の知らない〈フォトギャラリー〉のひとつの形を提示されたようで、非常に勉強になりました。
その後は「enji gallery」藤巻いづみ展へ。「ギャラリー冬青」もそうなんだが、青梅街道沿いは靴を脱いで上がるギャラリーが多いな。ゆっくり見れるので、このスタイルはありがたい。
作者と少し話して新宿へ。参議院選前の日曜日という事で、街中にぎやかな演説が飛び交っている。いろんな候補がいるんだなと実感するが、僕の撮影にはあまり関係無いようです。でも投票にはいきますよ。
現状を迎合しない候補者に魂の一票を!
LOTUS ROOT GALLERYも変化の時期なのです。まだまだやるよー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。