ありがとうございました

急に涼しくなった今週末、一寸仕事で抜ける事もあったが、毎日ギャラリーに詰める。
スタッフルームに引きこもる事もなく、ほとんどの来場者とお話しさせていただきました。

「ariphoto2007 vol.3」最後のお客さんは写真学生時代の同級生とその彼氏。毎回足を運んでくれている二人だ。
いろいろ話した別れ際、18時59分、その彼氏がこう言ってくれた。
「ここに来ると勇気をもらえる。」

そんなこんなで、四谷四丁目でギャラリーやっとります。
またおいでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。