次へ向かって

今年も卒業制作提出の時期を迎えまして、学内がにわかに慌ただしくなっておりました。
トイレに行こうと廊下を歩いていても、食事に出ようとしていても学生に呼び止められ写真を見るという日々。
今まであまり話した事ない学生とも、その作品を通じて関わる事が出来る。そんな時間が大好きです。

提出を終えた昨日、さっぱりとした顏の学生たちとともに、日々の感謝を込めて暗室の床を磨き上げてきました。
講師仕事の年内スケジュールはこれにて終了。来年の写真展へ向けてこれより始動。

積年の汚れ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。