kathmandu 1995

本日、写真展「calcutta – kathmandu 1994」が終了しました。ゴールデンウィークの中、御来場頂きましたみなさまありがとうございました。今会期は一週間と短い上に、予想以上に仕事が忙しくギャラリーにいれる時間も短かった。直接挨拶できなかった方もおられるのが心残りです。
今回はあえて十数年前の未発表作をお見せしたわけですが、セレクトからプリント作業、展示に至るまでいくつもの発見があった。その中には、写真を始めたばかりの当時と比べ向上した部分もあり、失ってしまったものももちろんある。それらをあらためて取捨選択した上で次回展以降に反映してゆく次第です。

来場者とお話ししていて記憶が甦ったのですが、旅に出たのは1994年だけどネパールに着いたときは年を越して1995年になっていました。そういや撮影済みのフィルムを失ったのは阪神淡路大震災の日で満月の夜だったな。
そんなことも忘却してしまうほど年月は過ぎ去っている。

「kathmandu1995」と改題してホームページにアップしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。