GOLD

ひとつの展示が終わると、ひとつの展示が始まる。
本日は第四代ワークショップ選抜展の搬入に立ち会う。
彼にとっては初めての個展。いつもならあれこれアドバイスするところなのだが、今回は彼の前向きな志を信じて、あえてほったらかしに。先日終了した自分の写真を速やかに搬出した後は、スタッフルームに引きこもり模様替えなどに勤しむこととする。
聞こえてくるのは慌ただしく動きまわる足音と、その合間の唸り声。「ガッシャーン」と何かの落ちる音もするが大丈夫かな!?
時折煙草を吸いがてら表へ出るのだが、着々と作業は進行しているようだ。

スタッフルームがスッキリと片付いてギャラリーを覗くと、真新しい写真が支配する空間に彼の笑顔がありました。

小林真行写真展「GOLD」は明日より5月11日まで開催しております。10日の18:00からはスライドとライブもありますので、お時間ありましたら覗いてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。