ゼラチンシルバーウイーク

連休を利用して次回展のプリントを制作。
ここ数年の撮り下しの展示といえば、搬入直前まで撮影している為、落ち着いて暗室作業を行う余裕がなく、二日間で全てのプリントを完成させていた。
しかし今回は先月に行っていたチベットの写真なので、プリントにかけられる時間が段違い。1カットごとのプリントの解釈にとことん向き合える。
「完璧に焼けた。」と思う写真に対し、さらにもう一歩踏み込んだプリントを行う。
暗室の明かりを付けて、そのプリントと対峙する瞬間が至福です。

以下、次回展のプレスリリース資料

有元伸也写真展「ariphoto2009 vol.3 / WHY NOW TIBET」

写真集「西藏(チベット)より肖像」の上梓から10年、久方振りにチベットの地を訪れた。秘境とも言われるチベットではあるが、この10年の間に中国は驚異的な経済発展を成しとげ、それはチベット人達の生活にも少なくない変化をもたらした。
旅の道中、草原に馬の姿は少なく、代わりに中型バイクに跨がって疾走する遊牧民達を多く目にした。そして、かつての面影を残さないほどに刷新された町並のなか、携帯電話片手に人々が闊歩する。
この10年の間にチベットが受け入れざるを得なかった現実。また、そんな潮流に抗うかのよう、頑に守り続ける伝統。それらを見据えるべく、いま再び彼の地へ。

ゼラチンシルバープリント、20×24インチ、20点。

有元伸也ホームページ ≫ http://arimotoshinya.com/
有元伸也プロフィール ≫ profile

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。