追悼奥田明久アサヒカメラ編集長

訃報去る10月2日アサヒカメラ編集長の奥田明久氏が心筋梗塞により急逝なさいました
まだ52歳同日夕刻には有楽町で開催されていた日本写真家協会主催のフォトフォーラムで司会をされていたそうであまりにも突然の早すぎる死です
告別式は近親者のみで執り行われたらしく僕が訃報を知ったのは一週間以上が過ぎた本日になってのことでした
奥田編集長はギャラリーオープン当初から頻繁に足を運んでいただきアサヒカメラ誌上でも特集の記事を組んでいただいた
縦縞の黒スーツにロマンスグレーの長髪手にはいつも黒いアタッシュケースを持っていて一見して堅気には見えない風貌で現れる
加えてGARAMの香りと灰汁の強い話し口就任されてまだ日は浅かったが名物編集長という呼び名をそのまま体現されたような人でした
まださほど認知もされていない産声を上げたばかりのギャラリーに対し多くのページを割いていただけました事誠に感謝に堪えません
また仕事とは別に何度か飲みに誘っていただいた事もあったので僕自身の地味な活動を気にかけてくれていたんだと思う

最後にお会いしたのは今年6月Jeremy Jangordの写真展のレセプションパーティーでのこと
若者の多いパーティーを早々に切り上げ表でGARAMを一服する奥田編集長誘われるままに高田馬場の居酒屋で一緒に飲んだ
程よくお酒がまわってくると奥田編集長はいつものように「ありちゃんウチで新作やろうぜ」と声をかけてくれた
しかし折角のお誘いに対して僕は生返事ばかり
その日も返事は曖昧なまま「夏の撮影が一段落したら見せに行きます」などとそう言ったきりになってしまったことが悔やまれる

あまりにも遅くなってしまいましたが必ず墓前に新作をお持ちします不義理者の戯言今一度お聞きください

2006年7月28日原宿にて

2 reflexões sobre"追悼奥田明久アサヒカメラ編集長

Deixar uma resposta

Seu endereço de e-mail não será publicado.