姜美善写真展「new comer」

2011.02.08(tue) – 02.13(sun)@TOTEM POLE PHOTO GALLERY

「new comer」
海の向こうにずらりと並ぶ工場や人工物。
そこを横切る船舶や飛行機。
お世辞にもきれいだとは言えない砂浜。
夏の休日を家族や恋人と一緒に過ごすような海とは到底思えなかった。しかし、その海では子供連れで海水浴を楽しんでいる人たちが居た。
不思議な風景と不思議な人たち。海の向こうに並ぶ人工物から意識が遠のく。
そもそも、自然と人工を隔てる概念さえ浅い歴史の人間が作ったもの。元来自然であり、人が立つことが叶わなかった場所に今、私はカメラを持って立っている。美しい海の上、ファインダーに映るのは、人の手によって創造された土地。
40億年の歴史を持つ地球の海が人間のものになってゆく。

姜美善 (Gang Misun)
1981年生まれ 韓国出身

二人目は韓国からの留学生の姜美善(カン・ミソン)さん。
彼女の作品は”自分の存在”を軸にしながらも、常に”世界”との関係性を模索していて、見る者に状況や立ち位置の違いによる視差を意識させます。
この作品は、異なる文化を葛藤しながらも受け入れようとする彼女自身の自画像なのかも知れません。
日本語も堪能な彼女、会場にてお話ししていただけましたら幸いです。
2月8日 追記:会場にて彼女のもう一つの作品である「petrait」のブックもご覧いただけます。
こちらは人間と愛玩動物との関係を客観的に見つめた作品。両作品に目を通していただくと、彼女の世界観がより見えやすくなることと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。