奥尻島 1993

北海道南西沖地震発生の直後自分でも識別不能の幼い使命感に駆られ衝動的に訪れた奥尻島の写真写真学生時代の出来事です

煤の匂いの立ち込める中瓦礫を踏み分け歩く半日かかって島の南端に到着そこで目にしたのは辺り一面焼け野原と化した集落だった
小高い丘の上に立ちその光景をファインダーに映したとき溢れでた感情は今も僕の行動の指針となっている

災害の記憶を忘れないために当時の写真を見返してみる

發表評論

您的電子郵件地址不會被公開.