flickrGo to flickr page twitterGo to twitter page flickrGo to tumblr page

By Rolleiflex

コメントを残す

展覧会開催中です。

nagoya_st

現在開催中の展覧会、先日の名古屋ビジュアルアーツでの合宿の際にも宣伝させていただいたのですが、まさかのまさか、名古屋から学生さんが数名来場してくれました。本当に嬉しい。遠路はるばるありがとうございます!
それにしても中々ユニークなポートフォリオの見方です。合宿の時と髪の色が違うのも気になります。

展覧会「ariphoto2014 vol.2」は11月2日(日)までの開催となります。新作写真集もギャラリー内で先行発売しておりますので、たくさんの方のご来場を心よりお待ちしております。

搬入完了しました。と、新作写真集。

aps_5a

明日より開催する写真展「ariphoto2014 vol.2」の搬入が完了しました。11月2日(日)までの会期中、ほぼ毎日在廊してみなさまのご来場をお待ちしております。稀に留守の場合もございます。在廊状況などはTwitter(@tppg_news)の方で告知してまいりますので、フォロー頂けますと嬉しく思います。

できたての新作写真集「ariphoto selection vol.5」(500部限定・1000円)も会期中ギャラリーにて先行販売しています。会場内で手にとってご覧ください。毎回500部限定で作っているのですが、ありがたいことに前四作は既に売り切れ。完売までのペースも号を重ねるごとに早くなっています。ご購入希望の方はお早めにどうぞ。

Web Shopは展覧会終了後に開設いたします。しばしお待ちください。

ariphoto 2014 vol.2

ariphoto2014_2

 Arimoto Shinya Exhibition “ariphoto 2014 vol.2
 2014.10.21(tue) – 11.2(sun) @TOTEM POLE PHOTO GALLERY

今回の展示は昨年に引き続き、奥多摩町や檜原村で撮影した風景や、そこに暮らす生き物達(ほぼ虫)の写真で構成しております。
虫達のうごめく季節、自宅のある吉祥寺から新宿とは反対方向の電車に乗り、緑深き山間部へ足しげく通う。すれ違う人の数よりも、その他の生き物との出会いの方がはるかに多いこの場所も、紛うことなき東京の一部である。

展示に合わせて作成した写真集「ariphoto selection vol.5」を会期中ギャラリーにて先行販売いたします。
完売までのペースが号を重ねるごとに早くなっております。ご購入を希望される方はお早めにどうぞ。

発行:TOTEM POLE PHOTO GALLERY
版型:297mm×365mm 20ページ 中綴じ製本
定価:1,000円(500部限定)

 Web shopの開設はしばしお待ち下さいませ。

名古屋ビジュアルアーツ夏合宿

nemunosato_01

昨年の大阪校に引き続き、今年は姉妹校の名古屋ビジュアルアーツの夏合宿にゲスト参加してきました。
東京校、大阪校、九州校の合宿にそれぞれ参加してきたが、各校ごとに校風や学生達や合宿のスタイルに個性があり、地域性を含めた違いを見るのも面白いです。そして名古屋校の夏合宿のスタイルをひとことで表すならば、まさに「強化合宿」。全学科の総勢500人が協力してそれぞれのイベントを完成させます。二泊三日の間、わずかな睡眠時間を除いて講演会やワークショップ、写真批評や撮影実習がてんこ盛り。参加した学生さんたちは、この三日間で写真に対して強くなったのではないでしょうか?
ここからさらに勢いをつけて写真に取り組み、成長したみなさんの作品と再会したいものです。機会があれば卒業制作展を見に行きたいな。

ゲスト参加、先輩写真家ZIGENさん

突然始まる大喜利大会

ビンゴシスターズ。もとい、名古屋校の先生方。

施設内はランドカーで移動します

学科長の澤尾くんは大阪校の後輩です

ZIGENさんワークショップ

ビンゴシスターズ?

二日目の午後からは写真批評の時間です

学生時代の恩師、中川貴司先生。現在は名古屋ビジュアルアーツの学校長です。

三日目の朝

初めての4×5カメラでの撮影

みなさんお疲れさまでした。ありがとう!

ゲゲゲの…

gegegeno

東京都小金井市桜町

koganei2014

夏の思い出 2014

natsu2014

Statilia maculata

kokamakiri

東京都府中市浅間町

fuchu

Lucanus maculifemoratus

miyamakuwagata_1

深夜の高尾山で捕獲したミヤマクワガタさん。
甲虫類である彼等が飛翔可能である事実など、幼少の頃から周知であったはずではあるが、一連の動作を改めて観察してみるとその奇妙さに驚きを隠せない。ピッタリと閉じた鞘翅が正中線からゆっくり開き、その中に折り畳まれた薄くて広い後翅がせり出す。そして助走も無く、ブィィィィンと空気を震わせながら、ほぼ垂直に飛び立ってゆく。
この東京に暮らす生物同士でありながら、形態も生態も我々人類とかけ離れ過ぎている。そんな当たり前の事実にちょっと感動した一夜でした。

東京都青梅市二俣尾

tamasyobou

Actias artemis

mizuao2014

安定した出現率で、安定したおとなしさと美しさをもつ大水青さま。その擬態も中途半端で、とても目立つので発見も容易。
ほとんど動かないので撮影し放題。毎回被写体としてお世話になっております。

2009
2012
2013