写真を見る会(仮)7

mirukai_7a

去る20日、「第七回写真を見る会(仮)」を開催いたしました。今回も多くの方に参加頂き誠にありがとうございます。
寒の戻りで冷たい雨が降る中での開催だったのですが、熱気でエントランスの窓ガラスも曇る程。それぞれの参加者が熱のこもったプレゼンテーションをしてくれました。 この会では20代の若者達が多く参加してくれるのですが、今回は特に世代特有の傾向が見て取れる作品が多かったと思います。計7名が作品を見せてくれたのですが、そのうち3名の作品中に祖父の葬儀の様子を撮った写真があった。その他にも自分の出生を辿る作品などもあり、プライベートな視線が全体の傾向として現われていました。もちろんその如何に是も非もないのだが、多くの作品に埋もれてしまわないように独自の視点を意識して取り組むことも大切。やるならば抜け出すことを前提に。特に同世代の作家が集まる場においては、プライベート=オリジナリティでは必ずしも無いということを再考する必要があるべきかと。時代の空気を敏感に読みながらも、それに抗うような作品も見てみたいと思います。

類を似つて集まると雖(いえど)も類作はせぬがよろし

安井仲治「写真家四十八宜(しゃしんをうつすひとよんじうはちよろし)」より

上画像は明日(4月23日)から3rddgで展覧会を開催する林朋奈さん。展示予定の作品を含む写真をキャビネサイズで大量に披露してくれました。

mirukai_7b

先輩写真家の西島秀慎さんは持参の小型プロジェクターでのプレゼンテーション。他の参加者の写真にも、参考になる講評を頂きました。

mirukai_7c

今回も〆は中華で。
有元伸也写真展「ariphoto2013 vol.2」は4月28日(日)までの開催です。
こちらもよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。