十年経って

自宅のファックスが壊れた。

帰宅すると、数枚送信されていたんだが全部真っ白だ。
「間違いファックスかな」とも思ったんだが、よく見るとうっすらと文字らしきものが見える。
ホント家電というものは10年周期でブッ壊れるもんだ。耐用年数が短過ぎる。
上京10年が過ぎ、当時購入したテレビも先日映らなくなった。アンプの調子も悪い。これからも色々壊れていくだろう。
しかし、ファックスなんぞはこのご時世に買い替えるべきだろうか?
実際、ファックスが送られてくることなんてたまにしかない。大抵の用事は電話かメールで済んでしまう。
しかし人付き合いの上では、この「たまに」が大切。まだ見ぬ送信者の顔を想像するとそのまま放置というわけにはいかない。

というわけで自分で修理を試みる。
実家の家業が電気関係の工場ということもあり、幼少より機械に触れていたので、簡単な電化製品ぐらいならだいたいの構造はわかる。
先日映らなくなったテレビも自分で直した。
分解してゆくとすぐに故障箇所を特定できた。ものの15分で修理完了。無駄金使わないでよかったよ。

電話であれファックスであれメールであれインターネットあれ、もちろん直接会ってのコミュニケーションもどれも大切にしてゆきたいのです。

というわけでファックス送信してくれた方、申し訳ございませんが何らかの方法で再度連絡いただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。