I♥YY

NEW YORK旅行から帰ってきた友人と会っていろいろ話した。
チェルシーやSOHOなどで30件ほどのギャラリーを巡ってきたという彼女は、目を輝かせてその体験を話してくれた。大富豪のプライベートギャラリーのことや$100,000のアーバスのプリントのこと、そして日本の写真文化との違いなど。
どの話しも魅力的で憧れもあるんだけど、なんだか浮世離れしすぎてリアリティが持てない。
これが僕をとりまく世間と、世界との境界なんだろうか?それとも想像力の限界なのか?よくわからないんだ。
もちろん「NYのギャラリーで個展してやる!」ぐらいの意気込みをもってやる事も大切なんだろう。実際大阪にいる時は東京での個展がひとつの目標でもあった。しかし今となってはその発想自体がひがみっぽいと思ってしまう。
それならば四谷四丁目のこのギャラリーから世界に向けて発信するほうがイケてるな。

お土産にいただいたミジンコみたいなボールペン。ありがとう。

2 thoughts on “I♥YY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。