古いカメラ

雨上がり、雲一つなくツルンツルンに晴れ渡った青空。
仕事の予定無し。当然、作品撮影。
新宿着いたら足早に花園神社を目指す。
先日の酉の市は雨だったが「腹の立つ事など・・」のおかげもあり、大変よい気分で楽しめました。今日も良い出会いがありそうだ。
心地よい空気の中でローライのシャッターを押していると突然異変。絞り環、シャッタスピード環共に全く動かなくなる。巻き上げてみたり、シャッターボタンを押してみたりするがウンともスンとも言わない。
ヤケクソなって振ったり叩いたりしても、もちろん反応はない。
なんせ36年前のカメラ、以前から調子はよろしくなかったのだが、いよいよ御臨終か?
こんなにいい天気なのに、心の中に暗雲が立ち込める。
写真が撮れない。なのに、いつもより街がキラキラして見えるのはどうしてだ!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。