青春の焦り

明日よりスタートする展覧会の搬入が終了しました。

今回は久々に、撮り下ろしの「ariphoto」以外の写真「calcutta – kathmandu 1994」。タイトル通り、1994年にインドとネパールを約一年間旅した時の写真です。
当時は写真学校を卒業したばかり、自分が何をしたらいいのかもわからないまま、とにかく目の前の驚きに向けてひたすらにシャッターを切っていた。この旅の中では、本当にいろんなものを見たと思う。
しかし旅の終わり頃、撮影済みのフィルムもろとも、僕は全ての荷物を失ってしまった。残ったのはパスポートと首からぶら下げたローライフレックスのみ。国境近くの名も無き村で、僕はひとり例えようのない絶望に襲われていた。
その後訪れたカトマンズで再度撮影を始めるが、不摂生が祟ったのか肝炎と心臓神経症を併発し一ヶ月の入院生活。そして失意のまま帰国。

まったくもってどうしようもない旅だったんだが、その時助けていただいたチベット人の家族と生活を共にしたことがきっかけとなり、次の撮影に向かう希望が湧いてきたのも事実。

「あの時の出来事が全ての始まりだったんだな。」そう思えるようになった今、勢いだけで撮っていた頃の写真と改めて向かい合ってみたくなった。
カビとホコリだらけのネガから焼いた、孤独な青年の青春の焦りをご覧下さい。

2 thoughts on “青春の焦り

  • SECRET: 1
    PASS:
    かっくいーー!
    ありちゃん大好き☆☆
    6月東京行くっぺ
    連絡するのでからんでちょー

  • SECRET: 1
    PASS:
    ありこんばんは!

    おつかれさんですっ!
    ゆっくりと新しい展示会も始まりましたか?
    ヲイラは、GWはカキイレ時なんで、26日からバタバタです。

    ちょうど、ありと最後に電話で話したんが、この、ありの旅行後やったんをよく覚えてます。
    肝炎、マラリア。
    ベンツで?事故したとか(笑)
    電話越しに僕んとこから持って帰ったギターで、
    『いとしのエリー』
    熱唱してたこと!笑

    大阪は、だいぶと温くなってきました!
    なんと言えばいいんかわからへんねんけど、
    今回の写真展も、沢山の人に見てもらって、なんて言うたらいんかわからんねけど、がんばってね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。