7 years later

写真学校での講師の仕事も、気がつけば長い間やっている。そしてその間に送り出した多くの卒業生たちがカメラマンとして、また写真家として各方面で活躍している。その名前を雑誌のクレジットで発見したり、写真展のレセプションなどで再会したりするのだが、今日もまた新宿の路上で卒業生とバッタリ出くわした。
小雨降る繁華街で、彼女はその細腕に似つかわしくない大量の撮影機材をキャリアカートで運んで歩いていた。この界隈でカメラマンとして活躍しているようだ。
僕も首からカメラをぶら下げていたし、お互いにオンタイムなのは一目瞭然。その場は一言二言のやりとりで別れたのだが、かつての教え子たちが現場で活躍する姿を見聞きするのは、いい意味でプレッシャーとなるし、なによりも励みとなります。

Mちゃん、またゆっくりお話ししましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。