End of summer

自分のギャラリーを立ち上げてからというもの、撮りおろしの連続展の撮影や、そのプリント作業、会期中の在廊などが他の仕事の隙間に入ってくるので、休みという休みをとることができない。それで一年の内でも数少ない、心身ともにゆっくり出来る日が自分の展示会期中の休廊日だ。
本日月曜は待ちに待ったお休み。少し遠出でもしたかったのだが、残念ながら締切り間近の画像処理仕事が残っていた為に叶わず。それでも日中はカメラ屋さんを巡ったり、展覧会を見に行ったり、漫画を読んだりと少しだけのんびり過ごす。
中野のフジヤカメラでヘンテコリンなカメラを購入しました。

そして今はディスプレイに向かって画像処理しているわけですが、ようやく終わりが見えてきたので、少し気分転換。コーヒー飲みながら久々の日記を書いている。
明日からは写真学校の講義も始まります。夏も終わりですね。

写真展「ariphoto2011 vol.2」は9月4日(日)まで開催しております。
この夏の撮影の成果を御高覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。