Hasselblad 903SWC

長い冬休みをいただいておりましたが、本日より今年初の展覧会「ariphoto2012 vol.1」を開催致します。
今回の展示では、長年愛用してきたRolleiflexをいったん防湿庫にしまいこみ、新たに選択したのはHasselblad 903SWCというヘンテコなカメラ。
Rolleiflexと同じ6×6フォーマットだが、搭載レンズの焦点距離は38mmとローライの半分以下だ。カメラが変われば写真も変わるということに期待を持っての選択だったのだが、このカメラ、フォーカスは目測しか出来ないし、付属のファインダーもかなり適当、何よりもその広角の焦点距離に戸惑った。撮影前半は試行錯誤の日々が続き、最終的にはいい加減なファインダーを取り外し、その代わりにストロボライトをセットして撮影に望んだ。
自身のキャリアの中でも初めての経験、全展示作品がノーファインダー撮影での展示です。変化した写真をお楽しみください。

If you want to change your photographs, you need to change cameras. Changing cameras means that your photographs will change. A really good camera has something I suppose you might describe as its own distinctive aura.

— Nobuyoshi Araki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。