博多の夜、京都の夜

city_style

sika

abe_shimin

npm

撮影仕事で博多へ、その後展示の打ち合わせや搬出作業などで京都、奈良、大阪と行脚してきました。
まずは一日目、博多での撮影仕事。その晩はモツ鍋と馬刺しと焼酎に舌鼓を打つ。
翌朝の追加撮影を終えたのち、ひとり新幹線で京都に移動。久しぶりに実家に立ち寄り一泊させて頂き、さらに翌日は奈良に移動。
猛暑日の炎天下の中、十数年振りの奈良町界隈を散策しながら奈良市写真美術館へ。同館では「モノクロスナップ写真の魅力」を開催中、この展示も目的の一つだ。近藤さんのタイムレスなスナップショット、阿部先生の740枚もの写真のシャワー、もとい写真の大瀑布に圧倒される。その壁面を眺めながら、今年度から同館の館長に就任された恩師百々俊二先生と来年の展示についての打ち合わせを行う。立場は変われど、相変わらずも全方位に熱血的な姿勢、八面六臂なお仕事ぶりに感服。今後共お世話になります。
百々先生に昼食をご馳走になった後、大阪へ移動。先日までで終了した梅田蔦屋書店内での展示の搬出作業を行う。会期中ご覧になられた皆さま、トークショーに参加頂いた皆さま、誠にありがとうございます。
撮影仕事のカメラ機材と、搬出した大全紙の作品と共に新幹線に乗り込み無事帰京。細かく効率よく動いた充実の三日間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。