Peta Photo Studio @TPPG

peta_1

開場直後のラッシュの後は有元ブースもゆったりした動き。それとは対照的に終始慌しく動き回っていたのが湿板写真家のペータさんのブース(Peta Photo Studio)。依頼を受けたその場でガラス湿板を制作、撮影から現像までを行い、画像が定着されたガラスネガをアンブロタイプ写真としてフレームに入れてお渡しするというもの。撮影依頼も絶え間なかったわけなのですが、とにかく一枚撮影するのに手間がかかりすぎる!。そしてその完全なる手仕事から生み出される、唯一無二の画像に感動。科学が魔法に近かった時代に思いを馳せる。と同時に、写真がうつるという当たり前が、決して当たり前でなどではなく、先人達の積み上げてきた智恵と努力の賜物であることを再認識しました。ペータさんありがとう!

peta_2

磨いたガラス板にコロジオンを塗布

peta_3

パートナーの香菜さん。二人で移動写真館を運営中。

peta_4

右端のテントがペータさんの暗室。この中で現像作業を行います。

peta_5

先週まで展覧会を開催してくれた宮本くんとパートナーのうたさんも撮影依頼を。

kai_family

Copyright © 2015 Peta Photo Studio All Rights Reserved.

当日ペータさんが撮影したTPPGメンバーの甲斐くん一家。

Peta Photo Studio
≫ 湿板写真 (Wikipedia jp / en)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。