島田亮写真展「煤と砂金」

2010.02.02(tue) – 02.07(sun) @TOTEM POLE PHOTO GALLERY

東北の山々が東京よりも早く色づき始めた晴れた日に、庭のドラム缶でゴミを燃やす初老の男性と出会った。
「紅葉がとても綺麗ですね。」
「紅葉する木はただのデクだ。」
母親が福島県出身の僕にとって東北は自分の田舎のような存在。
僕の東北に対する憧憬は、古民家の煤のようにいつの間にか僕の中に染み込んでいた。
林業にも携わる彼の言葉は、僕が東京から連れて来た偏見よりもずっと深い場所で、砂金のように輝く東北を感じさせた。
僕は上澄みをゆっくりと取り除き、沈殿した砂金の輝きに目を凝らす。

僕が講師を務める写真学校のゼミ生の展示となります。ご高覧くださいませ。
2月6日(土)の18時30分より、ちょっとしたパーティーもおこないますので、こちらもお気軽にいらしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。