大阪の夜

母校での講演会のため、一泊二日で大阪に行ってきました。
二、三年に一度は夏合宿に参加したり、講演会を開催させていただいているのですが、いつ来ても母校のホスピタリティには感謝している。会場である「アーツホール」の設備や環境も素晴らしいし、何より参加している学生達の真摯な姿勢には感動すら覚えます。いつもはスライドを回しながら、自作解説をすることが多いのですが、今回は写真学科長である百々武先生と対談形式でトークを行った。武くんとは旧知の仲なのでとてもリラックスして話が出来たし、普段はあまり意識していない事などにも話題が及んだので、考え込む時間こそ多少はあったが、いつもに増して充実した時間を過ごす事ができた。(翌日、学生さんの感想用紙をいただいたのだが、長文の感想も多く、おおむね好評のようで安心しました。)
講演会後は写真集の販売会とサイン会。持ち込んだ写真集も完売し、これで目標達成と言ってよいのではないでしょうか。講演会に参加いただきましたみなさま、写真集をお買い上げいただきましたみなさま、誠にありがとうございます。

終了後は教員、講師のみなさまと駅ビル地下の居酒屋で乾杯。お酒のせいもあり、ここでも武くんとの会話は徐々にヒートアップ。お互いに写真家として、学生を受け持つ身として、共感できる事もあれば、認識の不一致で議論が熱くなる事もある。でも、その全てをひっくるめて大阪での夜は楽しい!
散々平行線の議論をした後は河岸を変え、コンビニで缶チューハイとアイスクリームを購入して、歩道橋の階段で飲みながらクールダウンの馬鹿話し(主に下ネタ)。大阪駅周辺の様相はすっかり変わってしまったが、学生時代はこの辺りの地べたに座り込み、飲みながら話をして何度も朝を迎えたものだ。美しい思い出と共に、大阪の夜は更けてゆく。

urashiba_objectオブジェになったマーシー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。