Yonomori

走一個人每天在Toppuri依靠手電筒的燈光山。視認出来るのは自分の足下だけという原始の世界
背後にいろんなものが憑いてくるのを感じ興味こそ湧けど振り返ることはできない
見えない事により呼び覚まされる感覚を楽しみながらもやや早足で無事下山

發表評論

您的電子郵件地址不會被公開.